反応点治療とは

こんにちは

明石スポーツ鍼灸整体院「はり灸院Anchor」の家島大輔です。


今日は、当院で行っている反応点治療について、お話をしようと思います。

この治療法は、私が鍼灸学校で出会い、治療法と考え方に感銘を受け、何としてもマスターしたいと思い、必死に勉強した治療法です。


反応点とは

内臓の不調や筋肉の緊張が神経を介して皮膚上に現れるサインのことを言います。

東洋医学のツボとは違い、神経学に基づいた鍼灸治療であり、医学的に根拠のある施術方です。


反応点治療を行える鍼灸師は、このサインを皮膚に軽く触れるだけで読み取り、その場所に「はり」や「お灸」を用い、刺激を与えていきます。

与える刺激は、小さな刺激で充分で、刺激を与え続けると、身体の不調を現していたサインが無くなります。

不調を現していたサインが消えたのは、内臓や筋肉の不調が改善されたことを現しています。



「小さくて優しい刺激で効果を発揮」

「はり」は太いほど刺激が強くなるのですが、はり灸院Anchorでは、他院で使用している鍼よりも細い物を使用しています。

「お灸」も心地よい暖かさを感じる物を使用しています。

皮膚上に現れるサインなので、小さい刺激で充分効果が現れます。

施術中に寝てしまう患者さんも多くいらっしゃいます。


「原因を根本から改善」

身体の不調や辛さの原因は、身体の中(内臓)にあります。

反応点治療では、その不調のサインを触診で見つけることができるので、不調や辛さの原因をしっかりと治療します。

「自覚のない小さな不調」も見つけることができるため、症状の予防にもなります。


「一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療」

肩こり・腰痛などでも、一人ひとり原因や症状が違うことがあります。

全員に同じ治療をするのではなく、症状の原因となっている反応点のサインを読み取ることで、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を行います。



反応点治療で、症状の原因を根本から改善し、あなたのしたいことを目一杯楽しめるよう、サポートしていきたいです。