2712072_s.jpg

院長紹介

院 長

氏名:家島 大輔(いえしま だいすけ)

出身:兵庫県神戸市出身

経歴: 

    

    

    

    

    

NOMOベースボールクラブ 入団

トータル阪神硬式野球部 移籍

流通科学大学軟式野球部 コーチ就任

流通科学大学軟式野球部 監督就任

神戸東洋医療学院卒業

2012年

2013年

2015年

2020年

2008年

免許:はり師 (第185238号)

   きゅう師(第185049号)

​​​

所属:兵庫県鍼灸マッサージ師会

   反応点治療研究会

1/3

​はり師免許証 きゅう師免許証

きゅう免許

あいさつ

はじめまして。

はり灸院 Anchor 院長の家島 大輔です。

当院の名称である『Anchor(アンカー)』は、船の支えである「錨」や、リレーの「最終走者」という意味が一般的だと思います。​

しかし、Anchorには、

拠り所」「頼みの綱」「最後の希望という意味もあります。

私自身、幼少の頃から約20年間、野球をしていました。

大学生の時、トレーニング中に腰を痛めてしまい、歩くのが困難になるほどの痛みを経験しました。

色んな治療院に行きましたが、一向に改善する事なく「もう野球を続けることができないのかもしれない」と絶望感に苛まれていました。その時、初めて鍼灸に出会い、治療してもらう事で痛みも徐々に楽になり、野球を続ける事ができるくらいまで回復しました。

それから、身体の不調や、痛みなどのメンテナンスには鍼灸にお世話になり、27歳まで現役選手として野球を続ける事ができました。

鍼灸は、私にとって野球を続ける上での「最後の頼みの綱」でした。

今度は、「私が痛みや辛さを抱えている人の拠り所や頼みの綱でありたい」そういう思いから『Anchor』と名付けました。

痛みが取れなくて辛いけれど、我慢してスポーツをしていたり、生活を送っている方はたくさんいらっしゃいます。

鍼灸治療によって、スポーツや日々の生活を存分に楽しむ事ができる。

そんなお手伝いができる鍼灸師でありたいと思います。